マルーンの部屋

愛知県内非常事態宣言発令中により乗車自粛中

名鉄2213Fのもつ意味

f:id:marunkun:20201104004729j:plain

 

名鉄特急のオールマイティーな顔として

活躍している2200系です

 

2201F~04Fまでの1次車は

7000系パノラマカー(白帯車)の置き換え

 

2205F~09Fまでの2次車は

中部空港開港による増備(1700系も)



2210F~12Fまでの3、4次車は

パノラマスーパ―(以下PS)のうち、

機器流用車の1030系3編成の置き換え

 

(1131Fのみしばらく運用を続けましたが、

新製PSのリニューアル入場による

稼働数減の補填が理由であり、

リニューアル終了後に廃車されました)

 

 

と、それぞれ当然ながら理由があり、

車両更新による新製、または新規路線開通による

新しい運用に充てるためとなっています

 

しかし、2200系(現在の)ラストナンバーである

2213Fにはこのような理由がありません

 

新しく路線ができたわけでもなく、

置き換えなければならない車両もいません

(2213F投入により廃車になった車両なし)

 

では、なぜか

 

特別車2両+一般車4両の編成は

2200系と1700系グループと

1000系と1030系グループの2種類があります

 

しかし、このグループは特急に

ほぼ専属ということもあり、

予備車がとても少なくなっていました

 

2213F登場以前は

2200系グループ16編成、

1000系グループ12編成でした

 

(2210Fに置き換えられたはずの

1131Fがいたので、正確には13編成ですが、

これは前述のとおりの補填で、実質12編成でした)

 

この状況で、予備が各1編成だったので、

通常の検査以外に突発的に1編成でも離脱すると

運用が回らなくなってしまいます

 

この運用だと、他種類の車両による代走も

かなり現実味を帯びてきます

 

もしもの時に一般車に代走させる運用も

ほぼ決まっていたほどで、

 

1年に1回あるかどうかくらいのペースで

この代走運用が発生していました

(一度こうなると、復帰まで代走が続きます)

 

 

それをなくすために2213Fは導入されました

2213Fが導入されてからは1編成が突発的に

運用を離脱しても代走を仰ぐことなく、

一部特別車グループ内で消化できるようになりました

 

一般車代走をさせると、

指定席(特別車)が無くなるので、

駅での掲示や指定券販売の停止など

かなりめんどくさそうでした

 

また、個人的な感想ですが、

2213Fが来るまでは2200系グループが

ミュースカイも含めた特急車の中で

圧倒的に汚かったのですが、

 

最近は比較的きれいになったように思います

(ヒマ人なミュースカイが一番きれいだけど)

 

2213Fによって運用に

ゆとりができたためでは思っています

 

2213Fが来た当初は

「なんで来たの?もしかして三河線直通特急するの?」

などと思いましたが、

運用にゆとりを持たせるためだったようです

 

 

JR名古屋駅で見る⑤ 京成バス

f:id:marunkun:20201028235334j:plain

 

「JR名古屋駅で見る」

第5回は京成バスです

JR東海バスと共同で

名古屋ー横浜、ディズニーを結ぶ

ファンタジア名古屋号を運行しています

 

1日1往復でJR東海バスと交互の運行なので、

京成バスの車両は2日に1回登場します

 

見かける頻度もトップクラスの少なさです

(他にはJR四国バスくらい)

 

東京の私鉄系バスということで

名鉄側に行きそうなところですが、JR側です

(ちなみに京王は名鉄側)

 

JR東海バスの関係する他の関東方面は

当然、JRバス関東が絡むので、

そこんとこ大丈夫かと思いますが

 

ファンタジア名古屋以外、JR系列で

名古屋から横浜、名古屋からディズニーが

意外にも存在しないので、

 

対東京駅ではJRバス関東

対横浜、ディズニーでは京成と

完全に棲み分けることができています

 

なので一応、JRバス関東に対して

失礼ではない感じに仕上がっています

 

よくできてるぜ

 

 

ところで、なんでこんなに

前置きが長いかと言いますと

中身が薄いからです

 

最近、京成バスの車両の

世代交代が終わったばかりのようで、

 

高速バス撮影若葉マークの自分は

古い車両を撮れておらず、

新しい車両の写真だけなのですが、

 

2日に1本ということもあり

わずか2両しか撮影できていません

 

f:id:marunkun:20201028235338j:plain
f:id:marunkun:20201028235334j:plain

 

ふそうエアロクイーンの654、657号車です

同じ仕様だと思われます

 

JR名古屋駅高速BTでのエアロクイーンは

なかなかめずらしいですね

 

JR東海バスのエアロクイーンが

いなくなった今ではかなりのレアキャラ

他には両備バスぐらいでしょうか

 

車内は独立3列シートだそうです

 

ちなみに共同運行のJR東海担当分は

ふそうエアロースの3列プライベートシート車です

 

座席レベルに関しては揃えられていますが

客席の高さは違いますね

(どうせカーテン閉めてるから外見えないかな)

 

個人的には654号車の方が

よく見かけるイメージです(ただのイメージ)

 

f:id:marunkun:20201028235330j:plain

 

というわけであんまり中身がなかったので、

真横の写真でお別れです

ごきげんよう

 

 

最後の砦、愛知機関区のDD51

(今回は半年ほど前の文章の

リニューアルバージョンです)

 

せっかく名古屋にいるんだから

DD51の最後の雄姿をみないわけにはいかない

 

というわけで今回はDD51です

 

f:id:marunkun:20200412155418j:plain

 

全国で唯一の定期仕業を持つ

愛知機関区のDD51は

稲沢ー名古屋貨タ、関西線で

コンテナ、白ホキ、タキを輸送しています

 

タキ輸送は単機だけでなく

後継となるDF200との異形式重連もあります

(総括制御はできないので両方に運転士が乗務)

 

f:id:marunkun:20200412155429j:plainf:id:marunkun:20200412155505j:plain

 

運が良ければ名鉄栄生で

上下タキの離合が見られます

 

f:id:marunkun:20200412155454j:plain

 

北斗星カラーとの離合

 

f:id:marunkun:20200412155409j:plain

 

DD51の後継として

北海道の五稜郭機関区からやってきたDF200

 

これまでに半分以上の運用を置き換えましたが

愛知区向けの新製はいまのところ0

すべて北海道からの転属で賄っています

(愛知区以外には五稜郭区のみに在籍)

 

なお、転属にあたり不要な耐寒設備を撤去

かわりに騒音が小さくなるように改良

また、ATSの変更のため(この改造により200番台化)

すべて製造所の川崎重工(兵庫)を経由しています

 

現在愛知区には6機在籍していますが、

心配なのは北海道

 

転属された分の補充もなく、だいじょうぶなのか?

大丈夫らしいです

というよりも、まだ余っているようです

それはそれで心配ですが、問題ないようです

 

DD51の引退も迫り

DD51の活躍もあとわずかですが、

最後まで頑張ってほしいと思います

 

がんばれ!!阪急8000F

f:id:marunkun:20201121231458j:plain

 

おととい、8000系の復刻塗装車が

8000Fから8002Fに

突然の検査入場により

交代することになったということを

このブログでお伝えしましたが、

 

昨日の夜、この8000Fが

神戸線内で踏切事故による脱線をしたようです

 

幸いにも車側、電車側

共に負傷者は出なかったようですが、

8000Fは脱線し、ニュースを見る限りでも

前面スカートの破損や車両の傷など

重傷の模様です

 

脱線から復旧したとしても、

西宮車庫で直せるほどのものではなさそうな感じで

正雀工場への入場は確実そうです

 

この事故の数日前に

阪急は冒頭の通り8000Fの検査離脱

復刻塗装は8002Fに交代と

発表しています

 

運命のいたずらというやつでしょうか

不思議な気持ちになります

 

 

今回の事故の修理とともに

リニューアルなどがなされるかも注目ですが、

 

なにはともあれ8000Fが

無事に帰ってきてくれることを願うばかりです

 

 

JR名古屋駅で見る④ 両備バス

f:id:marunkun:20201102113902j:plain

 

第4回の今回は両備バスです

 

岡山のバス会社で、リョービエクスプレス名古屋号として

昼行、夜行各1往復の計2往復を単独運行しています

 

JR東海バスは運行支援だけで実際の運行はしていません

 

JR名古屋駅BTに来る路線で

JR東海バスが運行しないのは

この路線と出雲松江米子ドリーム名古屋号だけです

(季節運行では名神ハイウェイバス伊吹山線も)

 

というわけで都合1日2台が名古屋に現れるわけです

かなりの長距離を走るので、

3列独立シート車に統一されています

ほとんどがふそうエアロクイーンでの運転です

 

エアロクイーンがJR名古屋駅BTに来るのは

ファンタジア名古屋号京成バス担当便と

両備バスぐらいでしょうか

 

今まで撮影できた車両はエアロバス1台、

旧型エアロクイーン1台、

新型エアロクイーン3台です

 

 

いちおう、説明しておきますと

ハイデッカーがエアロバス

スーパーハイデッカーがエアロクイーンであったところ、

 

モデルチェンジにより、エアロバス

エアロエースに名称変更しました

 

エアロクイーンは名前が変わらなかったので、

ここでは「新型」「旧型」と区別させていただきます

 

なので、エアロバスと旧型エアロクイーン、

エアロエースと新型エアロクイーンが

それぞれ同世代となります

 

 

まず、この便で最も確率の高い

新型エアロクイーンから

 

f:id:marunkun:20201102113902j:plain

f:id:marunkun:20201102113853j:plain

f:id:marunkun:20201102113855j:plain

 

ナンバー91、315、245号車

(車番0807、1016、1601号車)です

 

両備バスの場合、車番の左2ケタが導入年の

下2ケタを表しているらしいので、

それぞれ2008、2010、2016年製

ということになるみたいです

 

0807号車のみ前面窓下に社章がないところが

違うポイントとして言えそうです

 

スーパーハイデッカーの固定窓車

堂々の風格です

存在感、高級感もあります

いつか乗ってみたいと思えます

 

 

続いてエアロバス

 

f:id:marunkun:20201102113907j:plain

 

モデルチェンジ前後の差はあれ、

基本的にスーパーハイデッカーの

エアロクイーンが使われることが多いですが、

 

ふつーのハイデッカーのエアロバス

充当されていました

125(車番0620)号車です

 

2006年はエアロバスエアロエース

モデルチェンジする直前なので、

この車両はエアロバス最終世代と言える車両です

 

スーパーハイデッカーの場合、

車両中ほどに客席から見て、

半地下のお手洗いの設備がありますが、

 

ハイデッカーの場合は後部に

設備を付けるので、座席配置がどうなっているのか

気になるところです

 

 

f:id:marunkun:20201102113914j:plain
f:id:marunkun:20201102113847j:plain

 

最後に旧型エアロクイーン

 

ナンバー452(車番0312)号車です

塗装が旧塗装となっています

個人的には新塗装の方が好みです

 

ただ、この「Ryobi Express」の文字が

旧塗装、新塗装ともに

筆記体になっているところは少々気になります

 

岡山の地元なら車体の柄で

わかってもらえるのでしょうが

名古屋じゃわかってもらえません

 

なので、「両備エクスプレス」と

すぐにわかってもらえるように

アルファベットなら、少なくともブロック体で

表記したほうがいいと思うのですが

車体はその会社の広告塔も兼ねているわけですから

 

両備バスのことを知らない人にも

知ってもらえやすい感じにすべきだと思います

 

話がそれてしまったので、回収します

この車両は今回の写真の中では最古参車らしく

岡山ナンバーを付けています(通常は倉敷ナンバー)

 

旧型エアロクイーンも

今ではかなり見る機会が少なくなってきています

JR名古屋駅BTではとても貴重な1台ですね

 

 

基本的には新型エアロクイーンが入るものの、

比較的高確率でエアロバスなど旧型車も入るので、

撮影するにはかなり楽しい会社だと思います

 

そもそも新型エアロクイーン自体

JRのバスターミナルにはあまり来ないので、

撮る価値はある感じです

 

来る車両も乗りたい車両ばかりですし、

かなりの長距離便なので

いつか乗ってみたいと思っていますが、

いつになることやら・・・

 

Classic8000 8000Fから8002Fへ交代

f:id:marunkun:20201121231442j:plain
f:id:marunkun:20201121231446j:plain

 

現在、Classic8000として神宝京各1編成ずつ

8000、8300系が復刻塗装となっていますが、

先日、神戸線の復刻塗装車の交代が発表されました

 

本来は復刻塗装車計3編成のそれぞれの

次期検査(数年後)までが期間となっていましたが、

 

神戸線用8000Fに

突如検査が入ってしまったようで、

8002Fに交代することになりました

 

f:id:marunkun:20201121231458j:plain
f:id:marunkun:20201121231454j:plain

 

自分は夏に撮影できていました

よかったですわ

 

阪急さん的には

「いきなり検査入ったから

悪いけど神戸線だけもう終わりねー」で

済ませれば楽だったものを

わざわざ別編成にやり直してもらえるとは

 

鉄道ファン的には感謝しかありませんね

さすが阪急です

 

結論としては

本来の復刻塗装車8000F入場

→代わりに8002Fが復刻塗装化

となります

 

f:id:marunkun:20201121231503j:plain

 

ちなみに自分が最後に8002Fを

撮影したのはまだ「梅田」幕の頃でした

 

8002Fが復刻塗装化したら

撮影しに行きたいですね

コロナ次第になるのですが・・・

 

また、突然の入場となった

8000Fもリニューアルされるのかなど

これからどうなるか目が離せませんね

 

名鉄6000系列特集⑨ 方向幕について③

f:id:marunkun:20201027162846j:plain


(名鉄6000系列の説明については

名鉄6000系列特集① 車両の変化を見る

をご覧ください)

 

今回は前々回、前回に引き続き、方向幕のお話です

前回から話が続くので、前回もご覧ください

(名鉄6000系列特集⑧ 方向幕について②)

 

 

今回は「特急」幕のなかったころのお話です

 

 

f:id:marunkun:20201022204738j:plain
f:id:marunkun:20201027162144j:plain

 

2019年(くらいの)ダイヤ改正により、

6000系列に特急の運用ができましたが、

(平日昼間の河和・知多新線特急運用)

 

それまではしばらく6000系列に、

定期の特急運用はありませんでした

 

なので、一部の6000系列(特に鉄仮面)には

「特急」の種別表示がなく、

臨時で特急運用に入った場合は

種別を白幕にして対応していました

 

写真は2200系が故障で運用を離脱したため、

補填に1200系(パノラマスーパー)が入り、

 

さらに、その穴を6000系列6連で

埋めていた時のものです

 

日によって、入る車両が変わっていたため、

「特急」表示があったりなかったりしました

 

表示できる6000系列の車両に

統一できればよかったんでしょうけどね

そんなんで運用を分離していられないので、

容赦なく、「白幕」も来ていましたね

 

特急の定期運用ができてからは

全車に「特急」幕が搭載されたため、

現在、このようなことは起こりません

 

ちゃんと対応工事を施されていて、好感が持てます

 

ただ、なくなるとなくなったで寂しい感じもしますね

勝手なものですが・・・