マルーンの部屋

東海、関西地方の鉄道とバスのブログ

名市営バス 車庫巡りの旅第1弾

最近コロナの影響により、外に出ることができず、かつ暇なので、

これまでにとりだめた写真を使って、気になったところを書いてきました

あと、グーグルフォトから直接持ってこれないから結構写真が大変・・・

 

というわけで、今回は写真一枚だけでやります

f:id:marunkun:20200418210118j:plain

はい、さっそく使用しました

 

今回は、名古屋市営バス特別企画、営業所巡りの旅第1弾です

日頃思っていることを私的感情満載で・・・

 

中川、稲西、如意、大森、浄心、楠、猪高、御器所、鳴尾、野並、港明、緑のうち、

今回は中川、稲西、如意、大森、浄心、楠営業所をとりあげます

 

 

 

1-中川営業所(最寄り:中川車庫前)

 

現在唯一の車検も名古屋市が直営で行っている営業所

所属台数トップ、バスの無線の基地局となったりと代表的ですが、

なぜかエース営業所という感じではない、そんなところです

 

車両数が多く、担当路線数も多いのに、黒字系統がわずか一つ

幹神宮1系統のみ(相方の幹神宮2系統はわずかの赤字)

 

基本的に市内での儲け的には東高西低となっていて、

市内西部という立地により惜しいことになっています

ひょっこり、名駅、栄にもくるが、港明営業所にだいぶ奪われました

 

 

2-稲西営業所(稲西車庫)

 

外から見やすいバスファン歓迎の車庫(されてないかも)

特に、庄内川の堤防側は全景ばっちり。最高のロケーションです

ただ、バスの通行する公道が狭いので夢中になって邪魔にならないように

 

ここは名駅、栄発で西行きの系統を担当、

浄心と勢力を二分(少し大げさ、他もいる)

名古屋市民への浄水場大治町内に作った見返りとしての大治町内乗り入れも担当

 

基幹2号系統の浄心、猪高、大森営業所とは異なり、

名鉄バスと仲良くする気はない(名鉄バス津島線)

 

南陽巡回用車両には愛称の「なんぴー」マグネット装着、

公募らしいがネーミングセンスを感じる、すばらしい

 

 

3-如意営業所(如意車庫前)

 

元から広いが、後述の楠営業所に系統と車両もあげたため、

車両が減り、より広々しています

大規模営業所だと思っていたけど実は違った感がある営業所ナンバーワン

 

古い車両はよく昼寝しています

市内の左上を担当しているが、名駅、栄にも進出

 

「この系統如意だろう」ー実は楠。逆もあったりして、共存しています

中川営業所の未来かも・・・

 

 

4-大森営業所(大森車庫)

 

大森とつくバス停がいっぱいあるので要注意

(ノーマル大森、大森車庫、大森4丁目、大森口、大森住宅、大森霞ヶ丘)

たちの悪いことに、来る系統のバスがかなり違う

 

車庫へ行くには大森車庫行き終点まで。これ以外はダメ(経験者は語る)

基幹2号系統副担当(栄行のみ)、ゆとりーとライン独占

(っていっても一回赤字で撤退したけどいやいや復活させられた)

 

名鉄バスゆとりーとライン含めてすべて委託

東高西低の法則により黒字系統多め、とくにぼろ儲けが多い すばらしい

本郷、藤が丘が根城。朝とかすごい来る(黒字系統すごい)

 

去年までは一番幕車が多く、中型の幕車率は素晴らしかったが、すべて置き換え

栄には基幹バスのみ、名駅には全く来ない照れ屋さん

 

 

5-浄心営業所(浄心町、鶴舞線浄心駅)

 

名駅、栄中心で同地シェアナンバーワン

都心?ループ、メーグル独占、基幹2号系統主担当など輝かしいエース級営業所

なんとこの花形を三重交通に委託

 

マンションに囲まれたところ、ぱっと見気づかないが、

留置されたバスがチャーミングに顔を出してるから気づくはず

 

 

6-楠営業所(新川中橋、少し歩く)

 

三重交通の営業所を間借りして車両を移籍させて三重交通に委託

如意の系統を一部分けてもらった形だが、如意は名古屋市直営なので

同じ三重交通委託の浄心営業所の傘下入り

先日、晴れて独立 よかったね

 

名駅や栄にもいるが、瑞穂区名古屋市博物館まで進出

平日のみ間合い運用で博物館ー栄を単独で受け持つ頑張り屋さん

 

 

 

前半はここまでです

また次回

 名市営バス 車庫巡りの旅第2弾