マルーンの部屋

東海、関西地方の鉄道とバスのブログ

新旧が入り混じるJR敦賀駅

f:id:marunkun:20210911002204j:plain

 

数年後の北陸新幹線の延伸で

暫定的な終着駅になる敦賀駅です

 

現在、新幹線の建設と

それに伴う在来線の改良工事が並行して行われており、

工事中のところが多くなっています

 

f:id:marunkun:20210911002121j:plain

 

駅舎を外から見た写真です

 

わたしが最後に敦賀駅に来たのは

かれこれ10年ほど前で

その時とは全く違う駅前になっていました

時代の流れを感じます(-_-;)

気分は浦島太郎(^^♪

 

北陸新幹線開業前に、

できるところは先にやっておこうということでしょうか

駅舎の隣には観光案内所を併設した

立派な建物が建っています

 

f:id:marunkun:20210911002110j:plain

 

駅前広場も整備され、

きれいでわかりやすいバスロータリーです

 

地方都市の駅にしては多めの6か所のバス乗り場が

方面別に整備されており、

各乗り場は駅から屋根でつながれています

 

乗り場の番号や方面が大きく書かれているうえに

すっきりとしているので、非常にわかりやすく

また、動線もスムーズになるように設計されています

 

自分的には満点のバスロータリーだなと思います

 

さらに、バス乗り場だけでなく、

まわりの建物も同じような黒色基調であり

駅前広場の一体感が生まれています

 

以前は地方都市の拠点駅らしい

ほっこりとした感じの駅でしたが、

新幹線の終着駅として見事に脱皮した感じです

 

規模は違えど、リニアの終着駅となる名古屋にも

ぜひ真似してもらいたいくらいの完成度です

 

f:id:marunkun:20210911002100j:plain

 

新しいバスターミナルのところは

昔のロータリーを狭めて作られています

 

ロータリーに沿っていたアーケードが

今も残っており、その名残をとどめています

 

右の影がバスロータリーの屋根で

この部分は歩道になっているので

かなり不自然な感じなのがわかるかと思います

 

ただ、古いアーケードもお色直しをして、

黒色基調になっているので、

新しい駅前広場に溶け込めています

 

新しいところだけではなく、

前からある部分も協調できているところが

街の一体感を生み出せています

 

新幹線がやってくる数年後には

完全とは言わないまでも、旅行需要が回復して

敦賀駅が新幹線バブルで賑わうことを願って・・・