マルーンの部屋

東海、関西地方の鉄道とバスのブログ

名鉄バスセンターでバスを撮りまくる!!②

 

marunkun.hatenablog.com

 

つづきです

 

 

一時期に比べるとワクチンへの熱気は大幅に冷め、

それに伴い減便や廃止が続々と出たワクチンシャトルバス

 

このブログでも紹介しました、鳴海駅~藤田医大の系統など

利用率の低下により廃止された系統も多いですが

 

marunkun.hatenablog.com

 

名鉄バスセンター名古屋空港の系統は

大幅に減便&高速バスタイプから路線バスタイプに変更など

色々と変化はありましたが、一応存続しています

 

 

ルート上に名古屋高速があるということで、

当初は高速バスタイプを使っていましたが

車いす乗れんじゃん」とかあったのでしょうか?

現在はシートベルト付きの路線バス車両で運行

 

シートベルト装備車に限定して、津島営業所のエアロスター

1日2台使用で走っているようです

 

シートベルト付きの新しい車がいないのか

新車は普通の路線バスに入れたいのか知りませんが

基本的に経年車が入っており、個人的にはありがたいです

 

この日は数少なくなってきた、頭が白色の1554号車が登板

ここらへんでは2005年製が最古参(たぶん)なので

そのうちの1台でございます

 

2006年製くらいまでは、同じエアロスターながらも

ちょいちょい違いがあって面白いんですよね(^^)

 

1554号車は郊外仕様(着席重視型)の車のようで

中扉が普通の引戸になっています

 

同じ2005年製でも都心仕様だと4枚折戸になっていて

スムーズに乗り降りができるようになっています

(その分、座席数は減りますが)

 

それがこちら👇

 

 

同じ2005年製のエアロスター・ワンステップながらも

中扉が4枚折戸で広くなっているのがわかるかと思います

 

それに塗装も違うっていう・・・

2005年製は台数も多いし、ノンステップも並行導入してるし

途中で排ガス規制も変わってるしでカオスです(笑)

 

ただ、2005年製の車両の中でも廃車がいくらか出ている

・・・というか、もう多くが名鉄バスから除籍されてますね

 

ちなみに1543号車、今は1554号車と同じ津島所属ですが

ちょっと前まで名古屋中央営業所に所属していて、

最後の2005年製基幹バスとして注目を集めておりました

 


同期の他の基幹バス車両たちも除籍されているので

同じ道をたどるのだろうと思われましたが

まさかの新天地で再登板Σ(゚д゚lll)

 

ちょうど先ほど出てきたワクチンシャトル

路線バスタイプに変更されるくらいのタイミングだったので

その穴埋めかもしれないですね

 

そうなるとさっきの1554号車が同期の1543号車の

再就職を支援したという見方もできますね(^^)

 

トップクラスの古参車であるこの2台には

最後まで頑張ってほしいですね

あと、名鉄バス除籍後の再就職先も見つかることを(*‘∀‘)

 

つづく