マルーンの部屋

東海、関西地方の鉄道とバスのブログ

初撮影!!エアロエース折戸仕様車

f:id:marunkun:20211009234517j:plain

 

三菱ふそうエアロエース折戸仕様車の

記念すべき第1号車となる、名鉄バス5101号車です

 

高速、観光バスのドアタイプは

開け閉めの多い路線に適する(=近距離高速線に向く)

折戸仕様車(下写真左)と

隙間風が少なく、快適さが向上する(=中長距離、観光に向く)

スイングドア仕様車(下写真右)の2種類があります

 

f:id:marunkun:20211009234425j:plain
f:id:marunkun:20211008140330j:plain

 

エアロエースのライバル車種となる、

Jバス(日野&いすゞ連合)のセレガ―ラ(上写真)は

見ての通り、両方のドアを選択することができます

 

左写真の名鉄バス車両は途中停が多く、

開け閉めを多用する、近距離高速路線用なので折戸仕様、

右写真の西日本JRバスは長距離路線で

開け閉めの頻度が少ないのでスイングドアです

 

f:id:marunkun:20211010000702j:plain
f:id:marunkun:20211010000713j:plain

 

ここみたいに同じ路線でも折戸とスイングドアが

混ざっているところもありますが(^^;

 

 

一方、三菱ふそうはというと・・・

 

f:id:marunkun:20210819225710j:plain

 

エアロエースはこれまでスイングドア仕様車のみの

設定となっており、折戸は選択できませんでした

 

なので、名鉄バスでは

同じ近距離路線バスに使用する車両でも

Jバス製では折戸仕様で導入したのに対し

ふそう製ではスイングドアで導入していました

 

f:id:marunkun:20211009235347j:plain

 

三菱ふそうも、エアロエースの前の世代である、

エアロバスの時代は折り戸仕様もあったのですが、

エアロエースになった時に設定が消えてしまいました

 

f:id:marunkun:20211009234517j:plain

 

しかし、スイングドア仕様では折り戸仕様に比べて

・開け閉めに時間がかかる

・ドアが飛び出ることにより、寄りづらい

という開け閉めが多く、道路沿いの途中停留所に停まる

近距離高速バスでは弱点が目立ってしまいます

 

f:id:marunkun:20211009234430j:plain
f:id:marunkun:20211009235550j:plain

ドアの飛び出かたに注目!!

 

このタイプの車両の多くを占める、

観光バス、中長距離昼行バス、夜行バスの用途では

これらのスイングドアの弱点は、あまり問題ではないため

エアロエース開発時には割り切られたのだと思われますが、

今回、近距離高速バス用途でも用いる名鉄バス

三菱ふそうとともに開発し、初号車を導入しました

 

f:id:marunkun:20211009234517j:plain

 

名鉄バスの車番は5101号車になりました

 

5は車内が詰め込み仕様を表し、

1が2021年の下1桁から、01で第1号車です

 

名古屋営業所に導入され、

名鉄BCー愛知学院大で運用されています

 

f:id:marunkun:20211009234453j:plain

 

ガサガサな写真で失礼しておりますが、

ドアの拡大写真です

 

エアロエースの車体のカーブに合わせて、

ドアも特徴的な形状をしており

下部は車体から飛び出しています

 

f:id:marunkun:20211009235805j:plain
f:id:marunkun:20211009234442j:plain

 

しっかり中に収まっているセレガ―ラとは対照的です

また、セレガ―ラは前寄りにドアが格納されますが、

エアロエースは後ろ寄りに入っていきます

 

 

現状は名鉄バスに導入された折り戸仕様車は

この1台のみとなっています

 

しかし、このコロナ渦で

名鉄バスも少なからぬ打撃を受けていると考えられ、

高速、観光バス車体の新車導入も

コロナ前の19年導入分は15台だったのに対し、

20年導入分はまさかの0台、

21年導入分も現状、この1台のみです

 

f:id:marunkun:20211009234418j:plain

 

ただ、昨年は減便による玉突きで

経年車を置き換えできましたが、

さすがに減便で余った弾もなくなったので

最小限の導入はあるのではないかと思います

 

せっかく作ったわけなので

ちゃんと活躍できるといいですね(^^♪

個人的にはスイングドアの方が好きですが ((おい

 

 

カンガルーライナーTF60 運行開始!!

f:id:marunkun:20211008011307j:plain

 

2021年10月5日に運行開始した

「カンガルーライナー」の3本目となるTF60です

 

西濃運輸が1編成の大半を貸し切るカンガルーライナーは

これまでは仙台―大阪、名古屋ー福岡の2往復がありましたが、

3本目として東京ー福山がデビューしました

 

f:id:marunkun:20211008012817j:plain

 

当ブログでも度々登場してきたカンガルーライナーは

仙台―大阪の下り便ですね

この便は名古屋をいい感じの時間に通過してくれるので

非常に撮りやすい列車です

 

新しくできた3本目のカンガルーライナーも

名古屋をいい感じの時間に通過するスジであり、

わたしは運行開始2日目に名古屋駅で撮影できました

 

通過する時間を見てみたら

なかなかいい時間でしたので撮ることにしました

 

なんと名古屋駅では上下のTF60が

めちゃめちゃ近接した時間に通過するので

とても効率よく撮影することができます

 

(下りは大爆死したので今回はパスします(>_<))

 

f:id:marunkun:20211008011307j:plain

 

来ました来ました

上り便の5060列車です

 

新鶴見機関区のEF210が担当のようです

仙台―大阪は吹田機関区のEF210の担当なので

同じEF210ながらも所属は異なります

 

仙台―大阪の上り便は真夜中に通過していくので

上りのカンガルーライナーを撮るのは初めてですね

 

そしてカンガルーライナーのポイント!!

「完全な貸切編成ではない(^o^)」というところも

ばっちり受け継いでおります

 

上り方の一部の車両は貸切の対象外なので

フツーのコンテナがのっかってきます

写真的には渋いですねえ

 

前述の仙台―大阪の下り便では

編成のお尻がこうなるので、どうやってごまかすか

このブログでもウダウダ申し上げたことがありましたが、

今回は機関車のすぐ後ろに来ており、なかなか難しそうです

 

ベストな攻略方法はカーブで誤魔化すとかでしょうかね

 

f:id:marunkun:20211008011255j:plain

 

引いて機関車だけのショットもパチリ

完全に統一された編成ならば、

引いた時もコンテナを入れて撮るべきでしょう

 

ただ、今回はバラバラなコンテナがドドンと入ってきて

「ああ、そうなるよね」とか「ごまかす努力しろよ」とか

イジられるのが目に見えているので、機関車に専念しました

 

f:id:marunkun:20211008011244j:plain

 

後ろにはこんなに美しい編成が連なっているのに・・・

もったいないオバケが10匹ぐらい出そうです

 

f:id:marunkun:20211008011233j:plain

 

真ん中の方は新品?みたいに

きれいなコキが一部連なっていました

 

この便はTF60の東京出発第1便である、

前日の5061レに充当されていると思われるので

そこに合わせてきれいな車両をもってきたのでしょうか?

それなら機関車もきれいなのにしてくれればよかったのに

 

f:id:marunkun:20211008011221j:plain

 

お尻からも撮影

 

下り便ならばこういう感じで後ろを切れば

いい感じで撮れそうですね(^o^)

 

 

 

 

 

基幹バス予備車に抜擢されたNS382、383

f:id:marunkun:20210923232944j:plain

 

こちらもあわせてどうぞ

 

marunkun.hatenablog.com

 

上の回で基幹バス(基幹1系統)の予備車だった

NS303、304が予備車を解除されて、

通常の一般車になったというところを書きました

 

☆前回を見ていない方のために説明しますと、

基幹予備車とは、本来は塗装の違う別の車両で運行する

一般系統と基幹系統の両方で使えるようにして、

予備車の削減による効率化を図れるようにした車両です

 

NS303、304の予備車指定が解除されたことで

新たにNS382、383号車が予備車指定を受けました

 

f:id:marunkun:20210923232909j:plain
f:id:marunkun:20210923232931j:plain

 

予備車指定を受ける前の姿です

平成30年度導入の車両の新しい車で

すっぴんの姿は3年ほどしか見られなかったようです

(指定解除されてすっぴんに戻るかもしれませんが)

 

f:id:marunkun:20210923232920j:plain
f:id:marunkun:20210923232944j:plain

 

NS382の写真が渋くてすみませんが、

予備車指定後の姿です

 

これまでのNS303、304と同様に

前、側面に基幹バスサボがつきました

 

一般系統充当時には、前面サボの表示が

ノンステップバス」になるのも同様です

 

f:id:marunkun:20210923181226j:plain
f:id:marunkun:20210923232944j:plain

 

中の人じゃないので、実際はどうなのか知りませんが、

この交代にはNS407、408が

関係するように私は思っています

 

NS382、383は平成30年度の

古い車両の更新分として導入された車両ですが、

ほぼ同時期に、栄バスターミナルの移転に伴う

運用量の増加を補うための増車分の新車が配置されており、

うち、NS407、408は基幹バスの運用増を

考慮した基幹予備車になっています

 

それを機にNS303、304から

NS407、408と同型のNS382、383にして

基幹予備車の車種統一を図ったとみることができます

 

 

ちなみに①NS303、304と

②NS382、383、407、408には

製造年数だけではない違いがあり、

 

トランスミッションが①AMT、②AT

広告枠①なし、②あり

車内の案内装置が①1段3色LED②液晶画面

 

大まかなところだけでこれだけあります

 

これらの仕様を基幹予備車計4台で共通化するために

この交代が起こったのではないかと思っています

 

基幹バスの任務を解かれたNS303、304

f:id:marunkun:20210923181250j:plain
f:id:marunkun:20210923182639j:plain

 

基幹バス(基幹1号系統)の予備車だった、

鳴尾営業所所属のNS303、304号車が

いつのまにか、その任を解かれていまして

通常の一般系統用車両になっていました

 

そもそもこの2台が導入された名目は、

一般系統用車両の置き換えや増車ではなく、

古くなった基幹バス専用車両の置き換えの一部でした

 

置き換え対象の基幹バス専用車は10台でしたが

そのまま新品の基幹バス専用車を同数入れるのではなく、

専用車は8台のみの導入に抑えて

代わりに一般系統用車両ながら、

基幹バスの予備車としても使える車両を2台増備しました

 

それがこのNS303、304号車でした

 

これまでは基幹バスと一般系統車両が分かれていましたが、

この2台を緩衝材とすることで、

予備車の共通化を図ることができるようになりました

 

という理由によるものなので、高速1系統には運用されず

あくまで基幹バス専用車と一般車両の

共通車両という位置づけだったようです

 

f:id:marunkun:20210923181301j:plain
f:id:marunkun:20210923181226j:plain

 

基幹バス予備車時代だった時の写真です

NS303号車の方は一般車両としての運用時、

NS304号車の方は基幹バスでの姿です

 

右側の写真だとよくわかると思いますが、

前面と側面に「基幹バス」と書かれたサボが挿入されています

 

基幹バス予備車と、フツーの一般車両との違いは

外観からではここしか違いがありません

 

左写真のように、一般系統に充当されている時は

通常の一般車両ではその位置に書かれている

ノンステップバス」という文字を表示させていました

 

というわけで基幹バスに充当されている時は

前面から「ノンステップバス」の文字が消えるわけですが、

彼らの後輩の基幹予備車両たちは

 

f:id:marunkun:20210923182649j:plain

 

このようにヘッドライトの上あたりに

ノンステップバス」の文字が入れられています

 

話を戻して・・・

 

で、基幹バス予備車としての任務をこなしつつ、

一般系統にも入っていましたが、

前述のように基幹予備車から外されていました

 

f:id:marunkun:20210923181312j:plain

 

もう一度先ほどの写真ですが、

前面と側面にあったサボ受けが外されています

 

前面からはきれいさっぱり無くなっていますが、

側面の方に、うっすら点々が空いています

サボを固定していた穴だと思われます

 

わずかながら名残が残っていました

 

次回はNS303、304からバトンを受けた

NS382、383号車の方について見てみたいと思います

 

 

桑名駅MVの入場券

f:id:marunkun:20211011010157j:plain

 

地味いーに、最近JRの入場券集めにはまっております

 

普通の券売機(=近距離券売機)で買うと

エド券と呼ばれる、オレンジ色の小さい切符で出てきますが、

サイズが小さい上に、保存上もあまりよろしくないらしい

 

ということで、そちらは避けて

窓口とか指定席券売機(これはMVというらしい)で出てくる、

 

f:id:marunkun:20211011013842j:plain

 

こちらのタイプの切符で集めております

(こちらはマルス券というらしいです)

 

私の個人的ルールとしては

①旅などで降り立った駅の入場券をマルス券で買う

(マルス券で買えなければエド券で代用)

②各都道府県のメイン駅はこれに加えて、

マルス券、エド券各1枚を保存用として追加購入

と決めています

 

が、気まぐれで複数枚買ったりもしますが・・・

 

1枚130円~160円程度なので

旅先でキーホルダーのおみやげ買ったと思えば

お安い金額で手も出しやすいものでございます

 

それに入場券は基本その駅でしか買えませんからね

 

東京(それも浅草)で秋田新幹線のキーホルダーを

見つけてしまった時は・・・

一体どこに行ったのかわからなくなるお土産もあります

 

そもそも名古屋駅でも人気商品の

うなぎパイやら赤福やらも正確には違うわけで

(岐阜・・・)

 

そう考えると、入場券ってすごい正確な

自分へのお土産になると思うんですよね

買った年月日、時間まで書かれているわけですから

 

「金沢行ってきたーー( ̄▽ ̄)」って言って

富山の白エビせんべいを

同僚に配った私が言うのもなんですが( 一一)

 

さて、本題に戻りまして・・・

旅行ではないのですが、桑名駅に降りた時に

ふと入場券を買いたい衝動にかられまして・・・

未所持だったので、記録として1枚買っとくかと

 

切符売り場を見てみると

普通のオレンジ色の切符が出てくる券売機が2台

・・・これはだめですね

 

っと、隣に指定席券売機発見!!

 

指定席券売機と窓口で出てくるマルス券は

発行場所のところが異なるだけで同じなので

駅員さんに余計な仕事をさせまいという観点から

できるだけ指定席券売機で買うようにしています

 

というわけで指定席券売機で購入

 

f:id:marunkun:20211011013853j:plain

 

ぐふっ((心の声(>_<)

 

まさかの小っちゃいサイズで登場!!

紙自体はマルス券ですが、

サイズ・体裁が近距離券売機のオレンジの切符と同じです

 

近距離きっぷをむりやり指定席券売機で買うと

このサイズで出てくることは知っていましたが、

入場券でこんなのは、はじめてです

 

なぜだ??

同じJR東海の他の駅で同じことをしたら

大きいサイズで出てくるのに・・・

 

まさか入場券のサイズを乗客側で指定できるとも思えないし、

そんな選択をする動作をやったつもりもないので

この券売機ではこのサイズのものしか出てこないのでしょう

 

というわけで

胸を張って駅員さんの手を煩わしに行くことにします( ー`дー´)キリッ

 

f:id:marunkun:20211011013842j:plain

 

窓口から乗客がいなくなるのを待って

無事、購入できました

 

発行場所が「桑名駅MR」となっているので

窓口で買ったことがわかると思います

 

丁重にお願いをしたら、やさしい駅員さんだったので

発券してもらう間にちょっとおしゃべりをしましたが、

特に明確な理由があるというわけではなさそうな様子・・・

 

裏で設定を変えることで変えられるのだと思いますが

誰がどういう意図で変えたのでしょうね

 

1枚買うつもりだったのに2枚になってしまいましたが、

マルス券の紙で小さいサイズの入場券を

初めて得ることができたので

これはこれでラッキーでした( ̄▽ ̄)

 

 

 

☆写真

スーパーはくと

 

f:id:marunkun:20211019162238j:plain

f:id:marunkun:20211019162239j:plain

f:id:marunkun:20211019162241j:plain

 

 

はまかぜ(おまけ)>

 

f:id:marunkun:20211019162242j:plain

 

 

<DD51、DF200、EF64重連、石油貨物>

 

f:id:marunkun:20211019162244j:plain

f:id:marunkun:20211019162335j:plain

f:id:marunkun:20211019162348j:plain

f:id:marunkun:20211019162246j:plain

最末期に見られたDD51とDF200の重連です

両機とも動いており、もちろん総括機能はないので

両方に機関士さんが乗っています

 

f:id:marunkun:20211019162316j:plain

f:id:marunkun:20211019162359j:plain

f:id:marunkun:20211019162319j:plain

f:id:marunkun:20211019162320j:plain

f:id:marunkun:20211019162427j:plain

f:id:marunkun:20211019174111j:plain

f:id:marunkun:20211019174201j:plain

 

 

<ロンパス>

大変にわかりにくいですが・・・('_')

 

f:id:marunkun:20211019174149j:plain

f:id:marunkun:20211019174123j:plain

f:id:marunkun:20211019174135j:plain

 

 

<カンガルー>

 

f:id:marunkun:20211019162431j:plain

上り方の数両は西濃の貸切ではないので・・・

↓上り列車だと

f:id:marunkun:20211019174808j:plain

f:id:marunkun:20211019162432j:plain

 

 

<フクツ―>

これもわかりづらいですが・・・

 

f:id:marunkun:20211019162434j:plain

 

 

<空コキ編成>

これも見づらくてすみません(3回目)

空コキ3両の編成です

 

だって、空コキだったら機関車オンリーの構図に

しちゃうことないですか??

 

f:id:marunkun:20211019162435j:plain

 

 

名鉄

 

一般車両です

が、全部基本的に相互の連結不可です

f:id:marunkun:20211019162519j:plain

 

岐阜行きと犬山経由岐阜行きです

f:id:marunkun:20211019162532j:plain

f:id:marunkun:20211019162544j:plain

f:id:marunkun:20211019162555j:plain

 

 

阪神

 

f:id:marunkun:20211019162552j:plain

f:id:marunkun:20211019162542j:plain

f:id:marunkun:20211019162530j:plain

 

 

<南海>

 

f:id:marunkun:20211019162705j:plain

f:id:marunkun:20211019162717j:plain

f:id:marunkun:20211019162728j:plain

f:id:marunkun:20211019162808j:plain

f:id:marunkun:20211019162654j:plain

f:id:marunkun:20211019162819j:plain

f:id:marunkun:20211019162743j:plain

f:id:marunkun:20211019162629j:plain

f:id:marunkun:20211019162842j:plain

f:id:marunkun:20211019162831j:plain

f:id:marunkun:20211019162757j:plain

 

 

<あいのかぜ>

 

横着して金沢駅での撮影です

f:id:marunkun:20211019162641j:plain

 

 

 

 

「ついにこいつ、ネタに事欠いて写真の羅列だけで

終わらせようとしているぞ٩( ''ω'' )و」とお怒りの皆様

ご安心ください、明日から元に戻ります_(._.)_(笑)

 

 

 

 

JR京都駅で新快速Aシート車を見る

f:id:marunkun:20210910210215j:plain

 

京都駅でたまたま出会えました

223系新快速のAシート搭載車両です

 

大量に走っている新快速の中で

わずか2両だけの特別な車両ですが、

逆に考えると、毎日運用される便は決まっているので

他のランダムに来るフツーの223系より

個体としては探しやすい車両と言えます

 

新快速の雰囲気は残しつつ、

一般車両との差別化のために色が変えられています

 

f:id:marunkun:20210910210204j:plain

 

ただ、車端部はこれまで通りのカラーなので

ここに注目してみると、違いがよくわかります

 

Aシート搭載車両は帯が青色になっているので

北陸の521系に近い雰囲気になっています

 

f:id:marunkun:20210910210152j:plain

 

この日は225系の基本番台と併結されていました

ちょっと225系の方が高さがありますね

 

新旧編成の併結で高さが違うというのは

近鉄のACEとエースカーの併結みたいな感じがします

 

f:id:marunkun:20210910210106j:plain

 

そして注目ポイントはこの埋められた中扉です

ドアを取り外し、空いた穴に1枚の板を嵌めています

ぱっと見は片引き扉に見えなくもないですね

 

扉の埋め込みと準備工事という違いはありますが、

小浜線加古川線の125系で使われた技ですね

 

そしてこの近辺の座席配置が渋いというところまで

125系に酷似しています(^^♪

例の「窓がない(-_-;)」というハズレ席です

 

ただ、多くの鉄道ファンとは

相容れない考え方だと思いますが、

意外と「窓がない席」を好む方々もいるらしいっすね

 

阪急の6、7000系列のごくわずかに残る

運転台後ろの窓がない席などもそうらしいですね