マルーンの部屋

東海、関西地方の鉄道とバスのブログ

近鉄、ついに一般車両の新車出すってよ

 

ついに・・・近鉄が一般車を作るみたいですΣ(゚д゚lll)

 

あの近鉄が・・・

 

確かに、ちょっと前に運賃の大幅値上げを発表した時に

それらしいことは匂わせておりましたが

実際発表されると、改めて驚きが・・・(^-^;

 

特急車では「しまかぜ」「ひのとり」など

意欲作をたくさん作っておりますが、一般車となると保守的(^^)

 

最後に作った一般車は2008年

日本私鉄最長の路線長ながら、なんと14年も新造なしΣ(゚д゚lll)

(ちなみに新車は2024年投入ということで16年になりそうです)

 

前回の新型車両は2000年に投入された「シリーズ21」

「21世紀という新世紀のスタンダードになる車両」として

デビューしたグループでございます

2000年問題とかで騒いでた頃ですよ(^^)

 

さらに、我らが名古屋線においては

シリーズ21が1両たりとも配属されることはなく( ;∀;)

最新車両は1998年製、まさかの20世紀(^-^;

 

marunkun.hatenablog.com

ちなみに、近鉄が新車導入を発表してから👆の回

閲覧数が伸びちゃってます(笑)

 

 

この春に211系が撤退したことにより

近鉄名古屋線と並行するJR関西線の一般車両は

1999年製造開始の313系に統一されたのは対照的です

 

これをもって、並行する路線の最古参一般車両より

最新車両の方が古いという現象が発生しました(^-^;

 

しかし、そんなのも解消されることになるのか!?

と思いきや、初年度は奈良線系統に投入とのこと

薄々そんな感じはしておりましたが(-_-;)

 

1010系、9000系に続き

今度は誰が名古屋に来るんでしょうかね(笑)

 

 

引き換えに、近鉄の誇る古参車たちが姿を消すことになりそうです

 

奈良線系統では、やはり最古参の8000系からでしょうね

シリーズ21の投入で廃車が続いていたものの

新車投入がぱたりと途絶えたために、一部が残存しています

 

10年以上前に廃車になった車両もいるわけですから

そもそも、まだ残存しているのが不思議な形式ではあります

 

置き換える対象の車両数的に、大阪線系統に新車が投入されるのは

(2年目以降)ほぼ確実かと思われますが

名古屋線にはどうなることやら・・・

 

素直に新車が来てくれるのか、

大阪線奈良線からあぶれた車両が来るのか(👈伝統)

気になりますね(^^)

 

もしかしてシリーズ21来ちゃったりして((むふふ

 

 

 

3月ダイヤ改正前に、JR中央西線朝ラッシュを撮影②

前回はこちら

 

marunkun.hatenablog.com

 

 

f:id:marunkun:20220411100427j:plain

 

手前にかぶさってきたのは313系B101編成、

こちらは3両編成の車両です(*‘∀‘)

 

関西線に行った4両編成に対して、

通常仕様の3両編成車両は東海道線に行くことになり

今は大垣車両区へ転属して東海道線名古屋口で働いています

 

こちらは4両編成車と違い、大垣に転属したので編成記号も変更

このB101編成はJ151編成になっています

 

東海道線で走っている姿も何度か見たことがあり

乗車する機会もありましたが、なんとも慣れない編成記号(^-^;

 

転属してきた313系3両編成車を2編成つないだ6両を

固定編成扱いとして、普通運用を中心に活躍しているようです

 

f:id:marunkun:20220411100505j:plain

 

静岡に行って話題沸騰中の313系8000番台、

元「セントラルライナー」車両の並びでございます👏

 

元から少数派の車両のため、並びを撮るのは難しいですが

朝のこの列車では並びを見られたので、

改正直前では、この列車の時に何人か撮影者がおりました

 

中央西線の「乗り得」列車であったため、

いなくなってしまったのはちょっと残念ですね(´;ω;)

 

本来は「座席指定列車」用として作られたため

ちょっとだけ豪華な仕様という点が特徴ではありますが、

そこではなく「3両編成だから」ということで

今回、転属してしまった感が強いなあと思うところです

 

3両編成は引退が近づく211系のみが残留

8000番台に限らず、313系は全て転属になりました

 

残った211系も、現在は2編成併結で

6両編成扱いとされているようで

明らかに奇数両編成を嫌がっているなあという印象です

 

f:id:marunkun:20220411095932j:plain

 

続いては「The、中央線」だった211系10両編成です(^^)

 

なんでお尻の写真なのかというと、入線を被られただけです(-_-;)

まあ、ダイヤ改正前はそこそこあった組み合わせで

レアな組成ではないので悔しくはないです(';')

 

211系だけで10両を組もうとすると、

3+3+4(とその入れ替えた編成)しか可能性がないわけですが

3両編成はトイレがないので、10両編成にトイレが一つだけ

211系3+3の6両編成よりはマシですが、必要最低限の設備ですな

 

3月ダイヤ改正前に、JR中央西線朝ラッシュを撮影①

今回のダイヤ改正JR東海の在来線において

(特に鉄道趣味者的に)ここ数年なかった、大きな改正となりました

 

メインは新型315系のデビューになるわけですが、

その転配にかかる既存車両の引退、転属も派手に行われています(^^)

 

改正後の動向について、SNSやブログ等で盛り上がっておりますが

当ブログは改正前の写真を今さら( 一一)上げたいと思います(笑)

 

特に中央線の車両が大きく変わるということで

中央線の名古屋口で手軽な撮影地である、鶴舞駅での撮影です

 

f:id:marunkun:20220411101549j:plain

 

北側から見た鶴舞駅ホームでございます

 

地下鉄鶴舞線、基幹バス等のほとんどのバス停などがある南側の

「公園口」がメインの出入口にはなりますが、

今回は北口にあたる「大学口」から入ってみました

 

この理由についてはまた今度(^o^)

 

10両対応ホームなのですが、全てに上屋があるわけではなく

公園口側7両分くらいと、大学口の階段部分にしかありません

 

せっかくなら、あとちょっと伸ばして接続してあげれば

いいものを・・・と鶴舞駅に来るたびに思います(。-`ω-)

大学口から電車に乗ろうとすると結局濡れちゃうんですよね

 

「メインは大学生だから(特に名工大生は男ばっかりだし)

そんくらい我慢させればよくね?」とかいうことでしょうか(笑)

ま、いいと思いますが(*‘∀‘)

 

f:id:marunkun:20220411101604j:plain

 

ダイヤ改正後、名古屋では「特急しなの」でしか見られなくなる

10両の編成両数表示も押さえておきました

 

名古屋で2ケタ以上の両数は「しなの」と新幹線だけになるんですよね

あと、貨物列車ですか(笑)

 

わざわざマイナーな大学口から入ったものの

撮影地は公園口側なので、長いホームをとぼとぼ歩きます

 

f:id:marunkun:20220411100455j:plain

 

さっそく撮影を開始します☆

 

架線柱は入ってしまうものの、中央西線の都市部を走る姿を

手軽に撮影できるところがポイントでございます

 

意外と中央西線の高架を走る姿を

撮影できる場所って少ないんですよね

ここと勝川くらいでしょうかしらね(。-`ω-)

 

写真は早速、10両編成の列車でございます(^^)

211系3+3に313系4両がひっついています

 

211系3両はトイレが付いていない

&転クロである313系をつなげすぎるとラッシュ時にきびい

というところから、比較的よく見られる組成です

 

211系は前面の方向幕に、普通列車の時は行先を

それ以外の時は種別表示をだすのが基本ですが

神領行きは例外でコマがないのか「普通」表示を出します

 

まあ、逆にダイヤ乱れの時以外では

前面に「普通」表示があれば「神領行きだな」って

わかってしまいますが(^-^;

 

神領行き自体、そんなに本数がないので

意外と211系5000番台の前面「普通」表示はレアです

 

f:id:marunkun:20220411100441j:plain

 

お尻の313系側も撮影します

 

10両編成や211系がいなくなることが大きなトピックでしたが

元「セントラルライナー」専用車、313系8000番台など

313系3両編成の中央西線からの完全撤退(大垣、静岡へ転属)

313系4両編成車の関西線運用に閉じ込めなど

 

数本の211系の廃車を除けば、211系よりも

意外と313系の変化の方が大きかったような気がいたします(^-^;

 

写真の313系も4両編成であり

所属は神領のままで変わらないものの、

ダイヤ改正後は関西線に専念する形になりました

 

 

つづく

JR東海バス車両集(後)

前編はこちら

 

marunkun.hatenablog.com

 


 

 第2回の今回は2階建て車、貸切車、その他です

 

2階建て(全車名古屋支店)

⑥3列スタンダードシート(全廃済み)

 

f:id:marunkun:20200424223818j:plain
f:id:marunkun:20200424223750j:plain

 

我らがふそうエアロキングです

 

2010年を最後に生産終了されたものの、

代わりがいないため延命されてきました

しかし、外国製2階建て車両の導入により廃車となりました

 

側面行先表示器の上が無印の車両はベーシックタイプ

全席3列スタンダードシートです

 

スタンダードといって侮ることなかれ

4列スタンダードシートとは全く異なるもので、

レッグレストもついているという

4列ワイドシートでも存在しない設備

 

比較的古い車両で2005年式以前の車両でした

 

わかりにくいですが、2階部分のワイパーの有無が

年式によって異なります

 

☆こちらもご覧ください

marunkun.hatenablog.com

marunkun.hatenablog.com

 

 

⑦2列プレミアムシート+3列デラックスシート

 

f:id:marunkun:20200820164916j:plain

 

側面行先表示器上のステッカーが目印です

 

2階席は3列シートですが、1階席はプレミアムシートという

JR東海バスの最上級グレードの席になっています

 

1階部分はわずか3席の

プレミアムシートで占められています

 

JR東海バス最上級のシートですが 

さすがに、関東や西日本のドリームルリエ号の

プレシャス、アドバンスクラスには遠く及びません

プレミアムシートは3番目のランクにあたります

 

2階は3列席ですが、デラックスシートであって、

スタンダードシートではありません

が、ほぼ3列スタンダードシートと変わりありません

 

ちなみにJR東海バスのホームページも

前は分けて書かれていましたが、

3列スタンダードシートが全廃されたこともあり

こそっとまとめて書かれるようになりました

 

 

エアロキング製造再開後の2009年式2台と

改造された2005年式1台が所属しています

 

古い車両もまじっているからでしょうか

東京行きの夜行便1往復のみとなっています

 

 

⑧3列ビジネスシート+3列デラックスシート

 

f:id:marunkun:20200424223902j:plain

 

プライベートシート車と同じ雰囲気のステッカーが目印です

前面展望のある2階前部がビジネスシート、

1階も含む残りが3列デラックスシートです

 

ビジネスの人は寝てるか、パソコン触ってるかだから

前面展望いらなくない??

 

座席自体はプレミアムシートに劣るものの、

前面展望も考慮すると引けを取らない座席です

 

JR東海バスエアロキングのラストナンバーを含む

2010年式3台のみの所属です

東京行き昼夜行1往復ずつの2往復で使われています

 

☆こちらもご覧ください

marunkun.hatenablog.com 

marunkun.hatenablog.com

 

3列クレイドルシート+4列シート

 

f:id:marunkun:20211031195904j:plain

 

エアロキングが2010年に生産終了した後

減っていく一方だった2階建てバスですが、

外国製の車両を導入するということで

およそ10年ぶりに新車がやってきました

2019年製のアストロメガで3台がいます

 

置き換える新車がいなかったため延命されていた

⑥のエアロキングの3台をようやく置き換えることになりました

 

3列シートのモノクラスだった⑥のエアロキングと異なり、

1階席は廉価席の4列シートにして2クラス制の車両になりました

 

3列シートの2階席は西日本JRバスを中心に

各JRバスがプッシュしているクレイドルシートを

JR東海バスとして初採用になりました

 

⑧のビジネスシートのエアロキングと同じく

東京行きの昼夜行1往復ずつに使われています

 

☆こちらもご覧ください

marunkun.hatenablog.com

 

 

貸切車他

⑩貸切車(4列シート)

 

f:id:marunkun:20200424223803j:plain
f:id:marunkun:20200424223930j:plain

 

日野セレガとふそうエアロエース

名古屋と静岡にそれぞれ一定数所属しています

貸切用途で新製された純粋な貸切車と乗合からの転用車がいます

 

純粋な貸切車は4列ワイドシート(豪華化粧室)、

4列トイレ無し、中型車の3種類があり、

車体横の表記が「JR TOKAI BUS」と

表記されているところで判別できます

 

乗合からの転用車は、

高速バスで古くなった車両を貸切に登録替えしているので

車内設備はトイレ付き4列ワイドシートで

時々、乗合の高速バスとしても使われるようです

 

車体横の表記は乗合車と同じなので

車番の上に「貸切」と書かれているかどうかが

見分けポイントになりそうです

 

☆こちらもご覧ください

 

marunkun.hatenablog.com

 

 

 

⑪研修車

 

f:id:marunkun:20200424223857j:plain

 

日野セレガです

 

訓練として使用するだけでなく、

災害時の指揮車としての役割もあるそうです

 

車番表記は消されていますが、

もともと貸切車だった647ー11954を

改造して作られた車両のようです

 

改造の際にナンバープレートは

白ナンバーに交換されています

 

訓練としてごくごく稀にやってきます

車体色からしてもドクターイエローのバス版と言えますが、

ドクターイエローの100倍会うのは難しいです

 

訓練で教習車としてやってきたとしても

普通の車両を使っていることの方が多い感じです

 

で、もうひとつ気になることは災害時での用途

災害時に移動できる拠点とするならば

トイレ付きの車両の方がよかったのでは・・・

貸切用車両から改造するならば車番的に2番前の

11952号車であれば化粧室付きの車両だったわけで

 

☆こちらもご覧ください

marunkun.hatenablog.com

 

 

⑫契約輸送

 

f:id:marunkun:20211031211215j:plain

 

八草駅から愛知工業大学までのシャトルバスに使われる

日野ブルーリボンハイブリッドです

2004年製の2台が所属していました

 

一般道の路線バスからは完全に撤退しているので

路線バス車体をもつ車両はこの2台のみ

 

万博の時に新製投入されたうちの2台で

余剰となった同僚はJRバス関東に行ったようです

 

愛工大シャトルJR東海バス担当便は最大で2運用なので

時々高速バス車体の貸切車が代走するようです

 

大学のシャトルバスにリクライニング付きの高速バス車体

それもJRバスなんてうらやましい限りです(^-^;

 

そもそも経年車であることに加えて、

初期のブルリハイブリッドということで故障もあったそうで・・・

 

なんと元名鉄バスエアロスターワンステップ2台を購入して

置き換えることになりましたΣ(゚д゚lll)

 

まさか親子ともどもライバルな会社の中古を買うとは(^-^;

なかなかの驚きとともに迎え入れられました(^^)

 

ただ、名鉄バスで廃車になったということで

当然それなりの車齢であり、2005年製のようです

 

自社の経年車を他社の経年車で置き換えているわけで

「全然車齢若返ってないやん( 一一)」って感じですが、

やはりハイブリッドはシブかったのでしょうね(。-`ω-)

 

 

☆引退済みのホテル名古屋キャッスルシャトルバス専用車はこちら👇

marunkun.hatenablog.com

marunkun.hatenablog.com

 

ーーーーーーーーーーーー

高速バスはまだあまり詳しくない上、

鉄道よりも情報が少なく、だいぶ推測が多いので

ミス、誤記載などありましたらご指摘お願いいたします

 

JR東海バス車両集(前)

2022/05/11更新

 

 後編はこちら

marunkun.hatenablog.com

  

今回と次回の2回に分けて

JR東海バスの車両についてまとめてみたいと思います

 

この記事の中身には

あまり自信を持てないところも多いので、

あまりあてにしないようにお願いします

 

車両メーカーは見ればわかると思うので

(セレガ―ラは全部日野セレガです)

座席の種類順に並べて紹介していきたいと思います

 

また、仮眠室についてですが

後付け改造で変わることがあるので割愛します

 

1階建て車両

①4列スタンダードシート(全廃済み)

②4列ワイドシート

③4列ワイドシート豪華化粧室付き

④3列プライベートシート

⑤3列スタンダードシート(定期運用なし)

2階建て車両

⑥3列スタンダードシート(全廃済み)

⑦3列プライベートシート(1階)+3列デラックスシート(青)

⑧3列ビジネスシート(2階前部)+3列デラックスシート(橙)

⑨3列クレイドルシート(2階)+4列ワイドシート

 

という陣容になっているので

これらを順に見ていこうと思います

 

①4列スタンダードシート(全廃済み)

 

f:id:marunkun:20200713101030j:plain

 

皆様が「フツーの高速バス、観光バス」と言われて

イメージする(であろう)標準タイプの車両です

 

2005年投入分の途中から、標準タイプが少しグレードアップされ

「ワイドシート」と名付けられてからは減る一方に・・・

 

最末期はは日野セレガRのみの在籍で

東京ー静岡・浜松、静岡ー名古屋の短距離運用メインで

ワイドシート車に混じって走っていました

 

ワイドシートとの一番明らかな見分け方は

隣との間のひじ掛けがないところですかね(^^)

 

観光バスみたいな感じで、JRバス以外では普通の装備ですが

現在のJRバスの中では見劣りがする感じです

 

ちなみに写真の車両が4列スタンダードシート

ラストナンバーでした(かつ、セレガRラストナンバー)

 

 2020年9月に廃車になり、

4列スタンダードシートとセレガRが消滅しました

 

☆こちらもご覧ください

marunkun.hatenablog.com

 

 

 

②4列ワイドシート

 

現在のJR東海バスでノーマルなタイプの車両と言えます

本当の意味ではこちらが「スタンダード」で現在も製造中です

 

多いので日野セレガとふそうエアロエースに分けて載せます

 

f:id:marunkun:20200424223814j:plain
f:id:marunkun:20200424223800j:plain
f:id:marunkun:20200424223941j:plain
f:id:marunkun:20200424223915j:plain
f:id:marunkun:20200424223945j:plain
f:id:marunkun:20200424223832j:plain

 

日野セレガバージョン(通称セレガ―ラ)は

セレガRからのモデルチェンジとともに登場しました

 
初期車(左上)はT字窓、薄めの着色ガラスタイプ

 

スタンダードシート車がいなくなった今では

4列シート車の最古参車となっており、

貸切用途になった車両や廃車になった車両もいるようです

 

中上と右上は同型で、これがノーマルタイプです

固定窓車でスモークガラスです

 

車内の仕様は大きく変わらないものの

車種のマイナーチェンジが行われていて、

バンパーや後面などに違いが見受けられます

 

2012、13年式のみ屋根前部が青塗り(通称青坊主、左下)

でしたが、再塗装時に白に戻しているそう

青塗りはカジュアルな感じでセンスがあると思いますが、

あまり夜行に入るイメージがない感じです

 

中下はハイブリッド車で2台のみ、共に静岡所属

1台は貸切用途になったようです

 

他にハイブリッド車はないので、そもそもかなりレアな上に

1台は貸切落ち、残りの1台もあまり名古屋には来ません

 

右下は静岡の名誉のために。固定窓の車もちゃんといます

ただ、やはり新しいのは名古屋に多いことも事実ですね

 

f:id:marunkun:20211031192357j:plain
f:id:marunkun:20211031192346j:plain
f:id:marunkun:20211031192408j:plain
f:id:marunkun:20211031192637j:plain
f:id:marunkun:20211031192701j:plain
f:id:marunkun:20211031192650j:plain

 

ふそうエアロエース

リコール隠しの禊が終わった2011年式から登場

 

最初は左上の屋根上直結冷房のタイプです

一番スタンダードな形態です

 

セレガと同じように

2012,13年式のみ青坊主仕様(中上)ですが、

こちらも再塗装時に白に戻されているそう

 

2014、15年式は床下直結冷房搭載でイメチェン

14年式は屋根の前部が黒色の車(右上)もいますが、

大多数は白色(左下)です

 

余談ですが、屋根が黒色のは2台のみ投入されたものの

1台は東名高速で全焼Σ(゚д゚lll)

今は1台のみが孤塁を守っています

 

☆こちらもご覧ください

marunkun.hatenablog.com

marunkun.hatenablog.com

marunkun.hatenablog.com 

marunkun.hatenablog.com

 

 

床下冷房になったり、屋根の一部が黒になったりと

・・・と思ったら、また落ち着きなく

2016年式から屋根上直結冷房に(左中)

2011年の最初のタイプと同じ見た目に戻りました(^-^;

 

2019年式からは車種がマイナーチェンジされ、

あごがオシャレになりました(中下、中右)

 

 

2017年製以降はオリンピックナンバーになっています

この場合のみ希望ナンバーとなり、

ナンバープレートの番号に意味が出てきます

(ありがたい、判別しやすい)

 

 

③4列ワイドシート(豪華化粧室)

 

f:id:marunkun:20200917123906j:plain
f:id:marunkun:20200917124835j:plain

 

2009年式のセレガ2台(写真左)と

貸切から改造されたセレガ1台(写真右)の3台が在籍していました

(3台とも名古屋所属)

 

改造の1台が来る前は、2台所属2台使用で

金沢行き(昼特急や夜行除く)と福井行きに充当されていました

 

貸切車からの転用で3台体制になった後は

甲府行きにも充当されるようになり

計3運用でフル活用されていました

 (代走は普通の4列ワイドシート車)

 

しかし、2009年式の2台は廃車になったようで

現在は貸切からの転用車(2011年式)の1台のみとなり

福井線のみで固定運用になっているようです

 

結局のところ貸切転用車が改造されてから

元々の2台が廃車されるまでの3台在籍の期間は

わずか1年くらいでした

 

もし、改造していなければ

豪華化粧室付き車両をなくすことができ、

福井線も通常車両に統一できたのになと思ってしまいますね

 

☆こちらもご覧ください

marunkun.hatenablog.com

marunkun.hatenablog.com

 

④3列プライベートシート

 

f:id:marunkun:20200424223624j:plain

 

名古屋支店所属で松山行き夜行(隔日)、

ディズニー行き夜行(隔日)に使用されます

 

2015年製3台と2016年製1台の計4台、

ふそう車の屋根上直結冷房&白屋根車のみの存在です

ぱっと見は普通ですが、中は3列独立シートと豪華です

 

これまでは金沢行きの昼夜行混成運用(毎日)もあり

3台運用、1台予備という体制で

代走時は下の3列スタンダードシートが入っていました

 

しかし、金沢行きは4列シートに変更、

コロナで松山行きは全くの音沙汰なし(´;ω;`)

 

現状、ディズニー行きのファンタジアなごや号に

京成バスと隔日で充当されるだけの

1日0.5往復が1運用だけというさみしい仕業になっています

 

経年的にはまだまだなので廃車はなさそうですが・・・

 

 

⑤3列スタンダードシート

 

f:id:marunkun:20200820160352j:plain

 

2008年式の日野セレガ2台のみの所属(名古屋支店)

 

上位互換の3列プライベートシートが入ってきたことと、

元から3列シートの充当便が少ないこともあり、

定期運用を失ってしまいました

 

研修車や3列プライベートシートの代走など

不定期でやってくるようです

 

しかし、上述のように3列プライベートシートが

だぶつきまくっており、1台が廃車

もう1台も存続はかなり厳しそうです

 

☆こちらもご覧ください

marunkun.hatenablog.com

marunkun.hatenablog.com

 

 


 

 

2階建て車、貸切車などは次回につづきます

 

切符を保管する!

別にネタが切れたってわけではありませんが

今回はちょっと一息いれて、

ワタクシの切符の保管についてご紹介したいと思います(^^)

 

かくいうワタクシ、そんなに切符収集歴が長いというわけではなく

ちょっと前までは躊躇なく改札機に切符を食わせていました(._.)

 

今思えば痛恨の極みであります(>_<)

 

最近になって切符や駅スタンプ等を、ちみちみと集め始めたのですが

感熱印字の切符はちゃんと保存しとかないと文字が消えるそうでΣ(゚д゚lll)

 

ただ、そんなに保存にお金をかけるのもなあ・・・と

で、探し出すに至ったのが今回ご紹介のものでございます(^o^)

 

というわけで、かなりコスパ重視に寄っています

 

もちろん、コストをかければ上質な保存にもできるので

そこらへんは人それぞれバランスだと思います

 

 

セリアで100円(税抜き)で売っております、フォトアルバムです

 

100円ながらも「クラシック」というだけあって

安っぽくない雰囲気(あくまでも雰囲気)があります

 

で、肝心の収容能力も96ポケットと

1枚当たり1円強のコストになります(^^)

これなら気兼ねなく保存することができます

コスパがいいと、近距離きっぷでも一枠に気兼ねなく入れられます(^^)

 

コストがかかると、ついつい詰め込みがちですが

やっぱり広々入れてあげた方が見やすいです

 

 

色違いもあり、先ほどの茶色に加えて

写真の青色、さらにオレンジ色の3種類があるので使い分けが可能です

 

 

中身はこんな感じ

黒い台紙にビニールが張り付けてあります

 

台紙には滑り止めの加工がされているので

カードがずれることも「ほぼ」ありません

さすがにICカード入れたら重くてズレましたが(^-^;

切符レベルではしっかり留まってくれます

 

安いファイルにありがちな「薄いビニールペラペラ」だと

中身が小さいとフラフラしちゃって、

ぴったりのサイズしか入れられなかったりしますが

これはしっかりしているので枠より小さければ大丈夫!

 

大は小を兼ねる!ということで

基本的に鉄道会社で使われる切符(エド券、85mm、120mm)

全てのサイズの切符をこれに入れています

 

サイズごとに細かく別のファイルに分けると

見返した時に流れがわかんなくなって嫌なので

サイズ別に分けずに済むってのが高ポイントです

 

ワタクシは鉄道会社ごとに分けて収納しています

 

 

ちなみにデメリット的なものも書いておくと

・最もコストを考えればペラペラの100枚以上入りのやつがある

・そこそこ分厚くて場所を取る

くらいですかね

 

あと、輸送時に擦れるからかは不明ですが、

モノによってはビニールがよれよれのやつが混じってます

明らかな「不良品」とも言いづらいけど

集めた切符を入れているとめちゃめちゃ気になります(笑)

慣れてくると、買うときに内側をよ~く見るとわかります

 

 

さて、話を戻します

前述の通り「大は小を兼ねる」わけで、切符は全部入るんですが

・・・しかし、駅スタンプの台紙が入らないんですよね

 

こちら

 

 

同じくセリアで、先ほどのフォトアルバムの隣に売ってある

「ポストカードホルダー」です

 

フォトアルバムと同じコンセプトのようで

柄は違えど似たような感じです

こちらは緑、黄、ピンクの3色があるようです

 

 

サイズが大きくなっただけで中の形状は同一

どこの駅スタンプでも対応できるA4の半分の半分サイズが

ぴったり収納可能です(。-`ω-)

 

そして注目は、サイズは大きくなったのに

収納量が96ポケットと変わっておりません!!

これはコスパがいいですね

 

はっきり言って、切符用もポストカードホルダーにしても

コスト的には変わりないので統一してもいいのですが

なんとなく使い分けています

 

 

 

で、これ以上でかい物はA4のクリアファイルに入れています

こちらは100均で40ポケットのやつが

最もコスパがいいのですが、なんせペラペラ(^-^;

 

ただ、多少種類によっていい悪いがあるので

以前ダイソー、セリア、キャンドゥを回って

40ポケットのファイルを買って調べてみた結果を

載せてみたいと思います(^o^)

あくまでワタクシの主観ですが、皆様の手助けになればと・・・

 

 

おすすめはセリアの「40P POCKET FILE」ってやつです

一番ペラペラ度がマシかなあという感じです

 

100均の他のに慣れていると

「おっ、意外としっかりしてる」という印象を受けます

 

ただ、重大な問題がありまして・・・

ビミョーにA4が入り切っていない感じがあるんですよね

わずかに上が出てしまっている感じです

 

ちょっと・・・というか、かなりマズいような(^-^;

なので、A4より小さめのものを入れるのにおすすめです

 

じゃあ、A4はどれにするダって話ですが

はっきり言って残りは五十歩百歩・・・(^-^;

 

 

強いて言えば、ダイソーの「CLEAR BOOK」ですかね

比較的しっかりしているかなあと思います

 

基本的には全部同じような感じですが

中のビニールを表紙に留める部分が1列のものより

2列のものの方がいいかなと思います

 

かなりコスト重視に寄ったワタクシの収集方法ですが

ご紹介いたしました_(._.)_

 

 

 

<2021冬の遠足⑤>JR鳥栖駅で特急みどり(代走)を撮る

 

marunkun.hatenablog.com

 

f:id:marunkun:20220203110710j:plain

 

佐賀から博多へ向かう途中に鳥栖に寄ってみました

 

佐賀寄りのお隣は九州新幹線と接続する新鳥栖駅

規模は大きく違いますが、大阪駅新大阪駅みたいな感じです

 

f:id:marunkun:20220203110745j:plain

 

博多方面から来て鹿児島へ向かう鹿児島本線から

長崎本線が分岐する非常に重要な駅です

駅名標JB鹿児島本線、JHが長崎本線です

 

f:id:marunkun:20220203110633j:plain

 

昭和っぽい雰囲気の漂う拠点駅として

ポピュラーな感じのある3面6線で

それぞれの間に中線がある構造になっています

 

f:id:marunkun:20220203110926j:plain

 

特急電車のメインとなるのは、九州新幹線が全通する前なら

博多ー鹿児島の鹿児島本線「つばめ」でしたが、

現在は長崎方面の「かもめ」「みどり・ハウステンボス」です

 

堂々の8両編成で到着は古参783系使用の

みどり・ハウステンボス佐世保ハウステンボス行きです

 

途中で分割併合をする関係から、

間に入る先頭車を通り抜け可能に

(正確には1編成を除き中間車からの先頭車改造)

改造された783系が今でも専任で運用に就いています

 

なので純粋な783系というわけではありませんが、

この専門的な改造を施されたおかげで

純粋な783系が定期運用を外れた今でも

バリバリ運用に就けているということでもありますね(^^♪

 

・・・と、思いきや

 

f:id:marunkun:20220203110907j:plain

 

ん!?((((;゚Д゚)))))))

 

f:id:marunkun:20220203110848j:plain

 

これ、ノーマル編成じゃないっすかΣ(゚д゚lll)

めちゃめちゃバランスの悪い併結面をしています(^-^;

 

編成数が足りなかったのでしょうか?

予備車となっているノーマル編成が「みどり」編成の

代わりに連結されておりました

 

これじゃ編成間の通り抜けができません

車掌さんなどの要員を増やして対応しているのでしょうか?

 

f:id:marunkun:20220203115627j:plain

 

後追いも撮影

 

うっすら見えていますが、右側に813系が停車していたので

それを避けるためにノーマル編成4両をメインの構図にしています

 

 

家に帰って調べてみると、

このCM33編成は昨春に定期運用を失い、

廃車が進んでいる5両ノーマル編成で唯一稼動中の子だったようですΣ(゚д゚lll)

他の編成は廃車解体、もしくは門司港で廃車前提の留置中らしいです

 

とはいいつつも、現在は中間車1両を門司港に置いてきて

4両ノーマル編成の一員として働いているようです

 

本来は今ごろ、解体or門司港で休車となっていたはずでしたが

水没して運用離脱中の「みどり」編成の代わりに

急遽復帰して穴を埋めているというのが理由だとか・・・

いろいろとご事情のある編成でした

 

水没編成が復帰するまでの間、ノーマル編成の生き残りとして

がんばって走り続けてほしいですね('ω')