マルーンの部屋

東海、関西地方の鉄道とバスのブログ

南海電車を見る④

③から続きます

marunkun.hatenablog.com

  

f:id:marunkun:20210729215932j:plain

 

でかでかと掲出された「2扉車」の文字が特徴の

高野線用車両の2000系です

 

難波から高野山まで直通する

「大運転」用の車両として製造されたものの、

運用の変化により、余剰分ができてしまい、

一部が南海本線にやってきたという経歴です

 

2000系は高野山直通に対応するために、

他の一般車両よりも1両の長さが短く、

ドアの数も4ドアではなく2ドアとなっているという

かなり特異な車両であります

 

運用は分離されているとはいえ、

4ドア20m車の本線通勤車両の中に

2ドア17m車の2000系が

フツーに走っているというのは不思議な感じがします

 

f:id:marunkun:20210705175308j:plain

 

その2000系を4ドア20m車の

一般バージョンにしたのが、この1000系です

 

同じような顔立ちですが、

こちらはステンレス地むき出しではなく、塗装されており

さらに少し丸みを帯びています

 

私の中でのコードネームは「デーブスペクター」です

なんか似てるような気がするんですよ

 

しません??

 

f:id:marunkun:20210708153020j:plain

 

続いて高野線最古参の6000系です

初期のステンレス車の重厚感、無骨さを

強く感じさせてくれます

 

車齢が50年を越した今でも、

優等種別の急行として昼間も高野線を駆け抜けます

 

経年車だからといって、普通や朝夕中心の運用に

限定するということはありません

そこらへんは近鉄と近い考え方ですね

 

f:id:marunkun:20210708153003j:plain

 

 最後は最新鋭の一般車両、8300系です

 

本線と高野線で別々の形式の車両が

用意されていることが多いですが、

8300系は両方ともに配置されており、

本線系統、高野線系統ともに見ることができます

 

ただ、置き換える対象が本線に多かったため、

高野線よりも本線の方に多く配属されています

 

写真は高野線所属の8300系で

どちらかというとめずらしい方ですね

 

南海は8300系で両線の新造車両を統一させて

効率化を図れたわけですが、

阪急もいずれ神宝線と京都線

車両が統一される日は来るのでしょうかね

 

 

南海電車を見る③

②から続きます

marunkun.hatenablog.com

  

f:id:marunkun:20210705175044j:plain

 

ベテランながらもまだまだ活躍する

「特急サザン」の指定席車、10000系です

 

座席指定の車両と乗車券のみで乗れる車両の

2クラスがある特急として、よく名鉄と並べられますが、

固定編成の名鉄に対し、こちらは別編成を併結しています

 

名鉄も旧1000系(だったかな??)のころに

南海のような形にしようと計画したことがあるそうですが、

貫通扉がなく、編成間の通り抜けができないという理由で

ボツになったそうですね

 

南海は一部を除き、前面に貫通扉を備えて、

特急以外でも、日常的にバシバシ使っているので

何ら問題なかったのでしょう

 

逆に、なぜあんなに併結編成の多い

名鉄の一般車両に貫通扉が全くついていないのかしら

 

f:id:marunkun:20210705175116j:plain

 

サザンにも新型がおり、12000系という

これまた南海らしく「宇宙っぽい」車両がおります

 

ラピートと世界観は同じですね

スターウォーズみたいな感じ?(観たことないけど)

 

f:id:marunkun:20210705175059j:plain

 

新型の12000系の相方となる一般車両は

リニューアルされた9500系でした

 

9500系もリニューアルによって、

12000系との併結運用に

入れるようになったみたいです

リニューアルによって運用の縛りが減ったわけですね

 

f:id:marunkun:20210705175151j:plain

 

高野線のホームにも12000系が来ました

 

こちらは泉北高速鉄道直通の

「泉北ライナー」に充当される編成で

泉北高速所属のこの1編成しかおりません

 

運用は固定のようなので

検査などで離脱していなければ確実に会えるのですが

特に何も考えずに撮影していた私にとってはラッキーです

 

サザンに使われる12000系は

銀色が基調になっているのに対し、

こちらは金色が基調の車両となっています

 

銀色のステンレス車が多い南海で

金色の車両はよく目立ちますね

 

泉北ライナーは最近できた系統のようで

ホームライナー的な役割もあるようですね

 

f:id:marunkun:20210705175116j:plain
f:id:marunkun:20210705175324j:plain

 

 サザンの12000系と並べてみました

金と銀でいい感じの組み合わせです

 

並べてみると、泉北ライナーの方にも

ヘッドマーク(シール)が欲しいなあと・・・

 

 

南海電車を見る②

①から続きます
marunkun.hatenablog.com

  

f:id:marunkun:20210705175341j:plain

 

各停、金剛行きに充当される6300系です

 

南海は普通電車のことを、本線では「普通」と呼びますが

高野線では「各停」と呼ぶという違いがあります

関西の私鉄で「各停」が正式な名前なのは

ここくらいでしょうか?

 

それにしても「各停、河内長野行き」と書くのも

すごい違和感が・・・

 

いつもだったら「急行梅田行き」や「普通大垣行き」

などと書きますが、書きなれない「各停」だと

ついつい句点をつけてしまいます

 

f:id:marunkun:20210705142641j:plain

 

各停、河内長野行きに充当される6200系です

 

今回の”南海集中特訓”を行うにあたり、少し勉強したのですが

6200系には大きく2種類があり、

平ぺったい顔をした、本来の6200系と

額縁顔をした、8200系からの編入組があるようです

こちらは額縁顔なので編入組のようです

 

この「編入組」の6200系は

界磁チョッパ制御車両として落成したものの、

リニューアルによりVVVF(IGBT)制御に更新

 

同じくリニューアルでVVVF化されていた

6200系と同性能になったので、

編入されたという形のようです

 

界磁チョッパからIGBT-VVVFに

更新されたところは阪急7000系アルミ車と同じですね

まだまだ使い倒すというところでしょう(^^♪

 

f:id:marunkun:20210705175221j:plain

 

でもって、こちらがホンモノの6200系です

額縁がない分、平ぺったい顔です

ここまで平ぺったいと

中間車から改造された感もありますね(^^;

 

 前述の通り、VVVF化改造された車両なわけですが

なんとこの車両、本来は抵抗制御・・・

 

抵抗制御の車両がVVVF化改造されるというのは

なかなかすごい(';')

 

塗装の不要なステンレス車

早々と導入していたこともポイントでしょうか

阪急でもVVVF化改造の基準は

鋼製車かアルミ車かの違いですからね

 

ほかの古い車両が多いので、影に隠れてはおりますが、

この車両もそろそろ車齢50年

 

50歳の車両がVVVF制御ということで

ここまでむちゃくちゃだと、

一体いつまで使うのか、てんで予想できませんね

 

VVVF(それもIGBT)制御の車両を

あと10年で捨てるのはもったいない気がしますが

かといって、60年以上車体を使い続けるのは

さすがにまずそうな気もするし・・・

 

古い6000系に目が行きがちですが、

6200系に南海の本髄があるような気がします

 

 

つづく

南海電車を見る①

f:id:marunkun:20210705142450j:plain

 

大体このブログの傾向を見ていただければわかりますが、

大阪の鉄道はよく出てきますが、北の方ばかりで、

南の方の代表といえる、南海電車にはあまり縁がなく・・・

 

というわけで数時間、南海の新今宮駅

集中特訓を行ってきました

撮影地は新今宮駅の真ん中のホームの和歌山方です

 

手軽に行けるポイントかつ、

美しい写真というよりも、南海自体の写真が不足しているので

停車している時に、確実に車両の写真を押さえておきたい

そして列車本数が多く、効率が良いということでセレクト

 

あとで、この位置取りが

大阪ミナミの洗礼を受けることとは知らず・・・

 

f:id:marunkun:20210705142712j:plain

 

高野線の6300系です

古参車ながらもバリバリ活躍しております

 

この顔を見ると「南海だなー」と思い、

さらにステンレス無塗装車だと「高野線だなー」と思うわけです

 

南海高野線の代名詞的なお顔でございます

 

f:id:marunkun:20210705142521j:plain

 

標準的な20m4扉の車体です

 

小型のクーラーがいっぱい屋根上についているところが

古い車両らしくていいですね

今の車両だと大きいのが1個か2個くらいですからね

 

古参車でステンレス無塗装ですが、

そこそこきれいな車体をしております

 

新しい車両でも汚い名古屋市営地下鉄には

見習ってほしいところではあります!(^^)!

 

 

f:id:marunkun:20210705142554j:plain

 

一方の南海本線の方は

きれいな8000系が来ました

 

何度か見たことはあるものの、

まだ私の脳内の南海図鑑には入れておりません(-_-;)

 

ふっくらとした見た目で、卵型に近い形をした車体です

 

それに対して、貫通扉の窓が

カクカクしすぎなんじゃないかという感じは否めませんね

 

雰囲気が統一されていないといいますか

なんかしっくりこない感じがします

(と、中学の時に美術で最低C評価の人間が申しております)

 

他形式のサイズに合わせるためと推測されますが、

貫通扉とともに、もう少し窓を大きくすれば

違う印象になったような気もします

 

f:id:marunkun:20210705142536j:plain

 

そして、最近の南海の新車のポイント

「側面がJR東と同じ」というのを強調してみました

 

E231や233あたりと近しいですね

南海の個性であるポイントの

青色とオレンジ色の帯を目立たなくさせてみたので、

より関東感が出ると思います

 

関西の私鉄は比較的独自色が強い傾向がありますが、

南海は部品の共通化によるコスト削減という、

関東風のやり方にシフトしております

 

たしかに、少し前までは(今も?)

置き換えが急務の古い車両ばかりだったので、

1両あたりのコストを下げて、

その分、量を作る方を重視したわけですね

納得です

 

次は近鉄の番だと思いますが、

近鉄はどうするんでしょうね('ω')

 

f:id:marunkun:20210705142625j:plain

 

続いて、現在の最新形式の8300系が来ました

 

先ほどの8000系に続く車両であり、

現在はこちらの方が多く在籍しているようです

 

スカートがごつくなったこともあり、

こちらの方は「ふっくら」というよりは

「ほっそり」とした感じを受けます

 

8000系にあった貫通扉の帯が

こちらでは省略されているところが

大きな見分けポイントですね

なぜ省略したのかはわかりませんが・・・

 

f:id:marunkun:20210705142609j:plain

 

こちらも8000系と同様、

側面は関東の車両とうり二つになっています

 

 

つづく

 

同じ行先のバスの同時発車

f:id:marunkun:20210611234013j:plain

 

名駅のバスターミナルから出発しようとする上飯田行きです

右はこの信号を左折する名駅13系統、

左は直進する幹名駅1系統です

 

始発の名古屋駅と終点の上飯田は同じですが、

名駅1系統は名駅から東へ行った後、北上するのに対し、

名駅13系統は逆に北上してから東へ行く感じです

 

また、この写真の車両をよーく見ると

局番、ナンバープレートともに1番違いとなっています

なかなかの偶然ではないでしょうか

 

f:id:marunkun:20210611235935j:plain
f:id:marunkun:20210612000032j:plain

 

同時出発ではありませんが、かさ増しのために・・・

 

環状系統の左右周りが並ぶ姿です

左は北巡回系統の黒川発、黒川行きです

 

地域巡回系統は公共事業の市バスの中でも

特に「経営」よりも「福祉」的なバスなので、

運用の効率は少し微妙なものが多くなっています

そのため、待ち時間が長めになってしまう場合もしばしば

 

右は金山26系統金山発、金山行きです

こちらは昭和巡回の朝夕系統となっています

 

昭和巡回系統では金山は途中停であり、

待機することはありませんが

朝夕系統の金山26は金山始終着の環状系統であり、

このような姿が見られます

 

経由地の荒畑と御器所通が

左右周りで逆に書かれているところがいいですね

 

というか、経由地に「荒畑」が必要なのか

個人的には疑問符が付くのですが・・・

 

だって荒畑の次が御器所通ですし、

よっぽど東別院とか東郊通って書いた方が

いいような気がするのですが・・・

 

f:id:marunkun:20210612000028j:plain

 

最後にどうしても外せない本郷バスターミナルです

 

ただ単にバスが並んでいるだけに見えますが、

これ全部、幹本郷1系統です

LEDが切れて見づらくなっていますが・・・

 

幹本郷1系統がすごいのはもちろんですが、

他の系統のバスがいないというのが何とも・・・

 

そもそも幹本郷1系統はいろいろあるので

本来は系統を分けるべきなんでしょうけどね

 

本郷駅から南下する系統は

全部幹本郷1になってしまっています

 

幹本郷1系統は大きく分けると3つあり、

愛知淑徳大学輸送に活躍する猪高緑地行き、

・本郷地域周辺を周る環状系統、

名古屋市東部を縦に結び、

 東山線鶴舞線の連絡にも使える地下鉄平針行き

があります

 

走行距離的には地下鉄平針行きが圧倒的に長く、

本線系統といった感じがしますが、

(主)の路線となるのは、便数が多い猪高緑地行きで

地下鉄平針行きは支線系統という扱いになります

 

環状系統と猪高緑地行きは同じ系統だとしても、

平針行きは役割として別系統なような気がします

 

 

 

運が試される?JRバス 北陸道昼特急名古屋号・改

☆今回は1年ほど前のものの再放送回です☆

 

 

名古屋から金沢へ行く高速バスと言えば、

JR東海バスと西日本JRバス、名鉄バス北陸鉄道

4社が共同運行する、北陸道ハイウェイバス金沢線が

まず1番に思い浮かびますが、

今回は「じゃないほう」の北陸道昼特急名古屋号です

 

f:id:marunkun:20200808220715j:plain

 

こちらは1日1往復のみで

JR東海バスと西日本JRバスのJR系2社による路線です

 

夜行の北陸ドリーム名古屋号と抱き合わせの運用で、

西日本JRバスは昼行金沢行き&夜行名古屋行き、

JR東海バスは昼行名古屋行き&夜行金沢行きの担当です

 

3列シートの車両が配車されるため

通常の4列シートの北陸道ハイウェイバス金沢線よりも

通常の料金はお高めです

 

ただし、割引を駆使した最安値料金だと

割引率の大きい昼特急が見事に逆転

名古屋―金沢の最安値は実はこっちの早割になります

 

JRバスの4列シートと格安バスの3列シートで

このようなことが起こるのはわかりますが、

両方ともJRバス(と共同運行会社)で

4列シートよりも安いなんてお得すぎます 

 

ざっと説明したところで今回の主題

車両についてです

 

f:id:marunkun:20210715201337j:plain

 

まず、JR東海バスは3列プライベートシート車が充当

通常の3列シートよりも座席が大きく、

ゆったりしているのが特徴です

これは確実で、車両はエアロエースで統一されています

 

 

問題は相方となる西日本JRバスの車両です

 

確実に言えることは、

金沢支店に所属する3列独立シート車両が充当されます

逆に言うと、それよりも細かいところは

色々あるということになります

 

f:id:marunkun:20200808220715j:plain

 

まず、一番スタンダードなのがこちら

3列独立のフツーの座席を装備しています

 

JR東海バスのプライベートシートより

少しランクは落ちますが、

 

このくらいの差異ならセーフでしょう

 

f:id:marunkun:20210715201642j:plain

 

先ほどの写真は日野セレガでしたが、

同じ仕様のいすゞガーラが来ることもあります

見た目的にも大して変わりませんね
 

f:id:marunkun:20210715202419j:plain

 

つづいてこちら、見た目的には大差ありませんが、

座席がクレイドルシートとなっている車です

ドア横の「cradle」のシールが特徴です

 

クレイドルシートとは

リクライニングした時に座面が動いて

より、身体にフィットしてくれる座席です 

 

先ほどのノーマルな3列シートの車両の時もあれば、

このクレイドルシートの車両で来るときもあるので

こればかりは運としか言えませんね

 

しかし、これで終わらないのが西日本JRバスです

親会社と同じような感覚でございますね('ω') 

 

f:id:marunkun:20200808220727j:plain

 

なんと、グランドリーム号を入れてきます

 

グランドリーム号とは、

目下、西日本JRバスが猛プッシュしております

3列シートの完成形ともいえる

新型クレイドルシートを搭載した車両です

 

先ほどの(新型じゃない)クレイドルシートの車両は

車両自体に愛称もなく、普通の塗装でしたが、

こちらは「グランドリーム」という愛称付きで

塗装も特別なものであり、並々ならぬ意気込みを感じます

 

複数の会社による共同運行路線では

担当する会社によって

車両設備に当たりはずれが出ることはありますが、

 

同じ西日本JRバス担当なのに

日によって普通の3列車が来たり、

グランドリームが来たりと、すごい差がある路線です

 

しかし見方を変えると、

場合によっては4列シート車よりもお安い料金で

グランドリームに乗ることができるという

大変お得な路線と見ることもできます

グランドリームにあたればラッキーです

 

コロナが終わったら、

運試しも兼ねて、一度乗ってみたい路線です

 

さらに前述の通り、早割だと名古屋―金沢の最安値

1日1往復ながら、奥が深い路線です

 

 

6000系が好きなんじゃ

f:id:marunkun:20210624173331j:plain

 

鉄道ファンの間には、特に自分の好きな車両のことを

「愛車」と呼ぶ文化があります

 

わたしはあまりそのような言い方はしませんが、

それに近しいもの、

言い換えるなら「一番好きな車両」というと

阪急の6000系になります

 

特に6001Fが好きなんです

(伊丹線に行ってしまった時には悲しみでした)

 

阪急らしさ満載のフォルムに加え、

精悍なアイボリーのハチマキ

かっこいいですね

 

兄弟車に7000系がおりますが、

昔ながらの技術である抵抗制御の6000系に対し、

あちらは界磁チョッパ制御の省エネ車両という違いがあります

 

その違い(+7000系の途中からアルミ製になった)のために、

7000系はほとんどの車両が

延命のための更新工事やリニューアルを受けて、

原型を留めている車両がわずかであるのに対し

6000系は原型を留めている車両が多く残っています

 

f:id:marunkun:20210624173525j:plain

 

鎧戸もまだ健在です

 

f:id:marunkun:20210624173510j:plain

 

車内も変わりません

 

 

ちょっとこの編成のシートモケットはやばいですね

元の色を保っているところがほとんどありません

そろそろ交換しましょうぜ

 

これは未更新車うんぬん関係ありませんね

消耗品です

 

f:id:marunkun:20210624173403j:plain

 

JRを中心に急行が減り、特急が大量に出てきて、

種別のインフレ気味になっている

この現代において一石を投じる宝塚線

(特急が、ただただ不人気だっただけ)

 

6000系といえば宝塚線なので

特急表示よりも黄色の急行表示の方がしっくりきますね

 

f:id:marunkun:20210624173419j:plain
f:id:marunkun:20210624173347j:plain

 

内装が更新されたリニューアル車や

前面方向幕が大型化された車両もいて

7000系ほどではありませんが、バリエーションがあります

 

f:id:marunkun:20210624173314j:plain

 

最後に6000系同士の並びです

これぞ宝塚線といった感じがします

 

まだまだ衰えを感じさせない6000系ですが、

もう40歳を超えています

 

未だ編成ごとでの廃車は出ていないものの、

1000系の登場で短編成化&支線転属も出てきており、

梅田に8両編成でやってくる姿も、かなり減ってきました

 

撮れるうちに後悔のないよう、撮っておきたいものです